大変だけど、やりがいがある。「ありがとう」と言われることが嬉しい。

認知症対応型グループホーム勤務

  • お年寄りと関わる仕事がしたい

    私は子供の頃からお年寄りの方と話をすることが好きで、大人になったらそんなお年寄りの方と多く関わる仕事がしたいと考えていました。現在は介護職として認知症対応型グループホームで働いていますが、まだ2年目。もっと勉強をして、いろんな資格取得に励み、利用者のみなさんに毎日をより快適に過ぎしていただけるよう、まだまだがんばっていきたいと考えています。

  • 毎日が勉強、そしてやりがい

    利用者様の様子やその日の状態などは、毎日変わります。昨日までは喜んでいただけていたことが、今日は変わっていたりと、毎日が変化の連続です。人と関わる仕事なので大変といえば大変な仕事ですが、だからこそやりがいがあります。一生懸命対応した時、介助をした時に「ありがとう」と言っていただけると、それまでの苦労が一瞬で報われるというか、がんばっててよかった、と思えることも多く、この仕事を選んでよかったと感じます。

  • 根気よく、丁寧に

    認知症対応型グループホームでは認知症の方も多くいらっしゃいます。お掃除の説明や動作の説明など、スムーズに理解していただけないことも多くあります。利用者様によって性格も受け取り方も違いますので、少しでも理解していただけるよう、丁寧に根気よく説明することを心がけています。そして、こちらの説明を理解していただくと同時に、利用者様のお気持ちも理解できるよう、口調や雰囲気を肌で感じながら、一緒に時間を過ごしています。

  • 大変だからこそ、やる気が出る

    毎日出勤の時にはまず始めに申し送りをします。その時までの利用者様の様子などを職員同士で伝え合い、今日はどう対処していこうかと話し合います。口頭で説明して細かいニュアンスまで理解してもらうのは大変ですが、先輩方が上手に意図をくみ取ってくれるので、とても助かっています。今はまだヘルパー2級ですが、勉強と経験をもっと重ねて、子供の頃から目指していたこの仕事をより一層がんばっていきたいです。

就職を検討している方へメッセージ

人と関わる仕事は楽ではありませんが、「ありがとう」と言っていただけるとてもやりがいのあるお仕事です。わからないことを丁寧に教えてくれる先輩方もいますので、ぜひ介護職を目指してがんばってください。