お食事

シニアグランドホーム 藤和の響

藤和グループ系列ホテル

「ニューサンピア」協力の
お食事をご提供

毎日のお食事は、ご利用者さまの大切な楽しみの一つです。『藤和の響』では、藤和グループ系列ホテル「ニューサンピア」料理長杉崎正則シェフが、施設内の厨房にて毎日のお食事を作り、ご提供いたします。介護施設とはいえ、お食事に大切なことは栄養バランスや食べやすさ、消化のしやすさだけではありません。毎日のお食事が楽しみであること、体も心も元気になるお食事であること。自然豊かな群馬の土地で採れた地元野菜を中心に、「地産地消」「身土不二」を大切にしながら、ご利用者さまにお慶びいただけるお食事を、自信を持ってご提供いたします。

笑顔あふれるお食事を目指して

地元食材を生かした
地産地消・身土不二

その地域で採れたての食材を使い、その土地の気候風土と共に生きる。身土不二とは、自然に根ざした食事の考え方です。野菜などの食材が豊かな群馬県産のものを中心に、味はもちろん体にもうれしい食事作りを行っていきます。
毎日の食事が楽しみになるような豊富なメニューバリエーションは、四季折々のお料理を作り続けてきたシェフならでは。他施設にはないシニアグランドホーム 藤和の響ならではの、ワンランク上の暮らしを叶える食事をお楽しみください。

ニューサンピア料理長

杉崎正則

[経歴]
高校卒業と同時に料理人を志し、ホテル新潟にて西洋料理の基礎を学ぶ。その後ホテル料理長の推薦で、群馬厚生年金会館に入職、料理長として婚礼や宴会など四季折々の料理を作り、技術を磨く。2008年よりウェルサンピア高崎(当時)において現在のスタイルを築き上げ、今回の「藤和の響」で、これまで培った経験を活かす。